現場から離れた看護師を復帰しやすく

看護師不足の問題があります。現場から離れた人が復帰しやすい体制が必要です。

Facebook Twitter Google+ はてなBookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

現場から離れた看護師を復帰しやすく

全国的に医師不足が叫ばれています。

医師がいないために病院や診療所が閉鎖されてしまうことも珍しいことではないのです。

ですからどこも医師の確保が大変だというニュースをよく見かけます。

医師不足はそれくらい有名なことですが、看護師不足もおなじくらい大変なのです。

昔から看護師は子供の憧れの職業になっていますが、現実は大変な仕事なのです。

ですからせっかく資格をとっても、結婚を機にやめてしまわれる人が多いのです。

出産などで一時的なものは仕方がないのですが、結婚を機に離れてしまうと職場復帰をすることが大変なことなのです。

医療現場はどんどん進歩しています。

ですからそれに対応できるかどうかも不安で復帰したくてもできないのです。

このように看護師の資格を持っている人は結構いても、それを活用できない人が多いのです。

そのため看護師不足は解消されないのです。

毎年生まれる新たな看護師を採用するのもいいですけど、資格を持ったまま現場から離れている人たちが、現場復帰できやすい体制を取ることで看護師不足の解消ができます。

女性は特に職場を離れる機会が多いので、そういった人たちが練習して自信がつく体制を早く作る必要があります。

外部

おすすめリンク

がんの子供のターミナルケア