妊娠中は葉酸を摂りましょう

コミュニケーション > 妊娠・出産・育児 > 妊娠中は葉酸を摂りましょう

妊娠中は葉酸を摂りましょう

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療をつづけていました。
不安に思い初めたのは結婚から2年目くらいですね。
健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、授かることができず、親しいお友達たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。
検査は夫婦二人ともうけましたが、原因は私の方にありました。
排卵誘発剤の服用を初めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。
妊活を行っているということは、大げさかも知れませんが、今日にでも妊娠の可能性があるというわけです。
ですから、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。
中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。
当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から赤ちゃんを授かっているのです。
出来るだけ早く葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。
http://www.repocarsguide.com/
一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、つい忘れてしまったりして十分に摂取できないという悩みもあるようです。
こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリを飲む事なんです。
容易な摂取が可能ですから、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名になりますね。
妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけて欲しい栄養素で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があるようです。
具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、受胎前から妊娠初期の方には1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはナカナカ大変なようです。
そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも良い選択だと思います。
赤ちゃんを授かったという事で病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域などで行なわれる母親学級に参加された方も多いのではないかと思います。
こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明をうけたのではないでしょうか。
みんながご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。
はかには、野菜もそうですね。
食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、十分な葉酸摂取を心がけてください。